スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前宝塚市長、二審も実刑=「執行猶予あり得ない」―大阪高裁(時事通信)

 兵庫県宝塚市の公共事業をめぐる汚職事件で、受託収賄などの罪に問われた前市長阪上善秀被告(62)の控訴審判決公判が18日、大阪高裁であり、上垣猛裁判長は懲役2年、追徴金1100万円の実刑とした一審神戸地裁を支持し、被告側控訴を棄却した。
 上垣裁判長は「金銭に清潔なイメージを強調して当選した3日後にわいろを受け取り、市政に大きな混乱をもたらした責任は相当重い」と指摘。一審判決は不当に重いとして執行猶予を求めていた被告側主張を、「社会的実情から見れば執行猶予はあり得ない」と退けた。 

【関連ニュース】
空自技官、勤務中に現金収受=収賄容疑で基地捜索
贈賄側コンサル社長に有罪=宝塚市墓地整備汚職
安藤前知事側が上告=宮崎談合・汚職事件
安藤前知事、二審も実刑=宮崎談合・汚職事件
新設顧問に権限移管=元常務理事、現金受領継続目的か

官房長官、移設派住民に3町長との会談仲介要請(読売新聞)
「つくる会」が厳重処分を申し入れ 浜教組「授業マニュアル」問題(産経新聞)
入管収容施設で70人ハンスト…仮放免など要求(読売新聞)
泉南アスベスト判決 国の不作為責任を断罪(産経新聞)
空港需要予測、外れてばかりで見直し判定(読売新聞)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。